1. TOP
  2. カニお取り寄せ
  3. 活蟹をさばくコツと、ハズレ蟹のリスクを抑える方法とは?

活蟹をさばくコツと、ハズレ蟹のリスクを抑える方法とは?

カニお取り寄せ コラム この記事は約 3 分で読めます。

活蟹をさばくコツとは?

活蟹をさばくのにはコツがいります。

以下の点に気をつけてください。

最初はお腹が上になるように蟹をまな板の上に置き、蟹のふんどしを外します。

これは蟹のお腹にある三角形の部分で、指で押すと柔らかいのがわかります。

次に、包丁を使い、蟹のお腹を真っ二つに割ります。

腹の切れ目を支点に、手で折り曲げるように足を胴体から外します。

胴の部分についたエラや薄皮は、指で細かく取り除いておきましょう。

甲羅を裏返し、蟹ミソをまとめて入れておきましょう。

 

ここまでで形になりました。

最後に、調理バサミや包丁で脚を切り、包丁で表面に切れ目を入れて、身を取り出しやすくしておくのが上手な調理の仕方です。

 

 

通販のカタログやサイトの蟹について

通販のカタログやサイトで、かにのポーションを扱っていることも目立つのに気づいていますか?

ほぐしていないかにの身、と考えてください。

多くは箱詰めの、むき身のかにです。

色々な料理に使いやすいおいしさもあるようですし、殻が少々割れたものなど、訳あり品を加工しているので量の割には明らかにお安いというのも、高く評価したい点です。

かつて、新鮮な蟹を食べられる地域は限られていました。

しかし現在では、蟹通販の助けを借りれば、蟹の魅力を味わい尽くすことができます。

 

蟹にも色々あります。

例えばタラバ蟹や毛蟹などが有名ですが、中でもズワイ蟹は一番人気の蟹といえます。

これは最も蟹本来の美味しさが前面に出た品種であり、甘みをふんだんに含んだ、最も蟹らしい蟹といえます。

 

また、同じズワイ蟹でも、獲れた場所や旬の時期によって品質に当たり外れがあるので、無銘の蟹よりもブランド蟹を選ぶことをお勧めします。

 

 

カニ通販業者とハズレ蟹のリスクを抑える方法

昨今のかに人気で、通販のかにを食べたことがある人も多いと思います。

ですが、買わなければ良かったと思うような品物をつかまされたりする人からの苦情が相次ぐようになったのです。

ほとんどの不満は品質に関するものですが、中には業者の姿勢を疑いたくなることもあります。

不味い、身が痩せているなどの不良品のかにを送られるリスクを最小限で抑えるためにどうしたらいいのかを考えましょう。

口コミやレビューの意見を見てみるのもいいと思いますが、お店のサイト以外も見るなど出来るだけ情報収集した上で、いいと思ったお店を幾つか選びます。

お財布が許せば、2つの会社から購入して食べ比べるのもいいでしょう。

SNSに登録している人なら、そちらの方から攻めてみるのも手です。

 

思いもよらない収穫があるかもしれませんよ。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

【カニお取り寄せおすすめ】口コミランキング!通販で人気はココ!の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【カニお取り寄せおすすめ】口コミランキング!通販で人気はココ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ズワイガニのさばき方は用途で異なる?かにしゃぶや刺身、鍋用と違うの?

  • 活きタラバガニのさばき方は?刺身用や鍋用のさばき方は?

  • 美味しい毛ガニの選び方と一杯の値段はいくらぐらい?

  • タラバガニのさばき方で包丁を使うやり方は?足のさばき方はどうすれば良い?

  • 毛ガニの美味しい食べ方、大きさはどれくらいが美味しいの?

  • ズワイガニの上手なさばき方!包丁とハサミではさばき方が違うの?